ORAEの春は山菜料理がおすすめ

田沢湖の春は平地よりも1ヵ月ほど遅れてやって来る。椿、梅、桜が一斉に咲き誇る様は十和田八幡平の山国ならではの楽しみかもしれない。
一番最初に春の訪れを知らせてくれるのはフキノトウ(ばっきゃ)。
田沢湖の春は旬の山菜が豊富な季節でもある。当然、野菜が主役のレストランORAEでも山菜を使った春メニューでにぎわう。
モミジガサ(しどけ)はクレソンに似た独特の香りとほろ苦さに特徴のある山菜。生食でサラダにするがフランス風にソースにしても良い。
ノビルの根(ひろっこ)はにんにくと長ねぎの中間的風味で香辛野菜として使いやすい。
にんにくと言えばORAEで人気の行者にんにくも地元産は雪解け時にしか穫れない幻の食材。新鮮な根っこは生で食べられるが、いつでも採れるというものではないので手に入ったら、収穫期が短かすぎて見落としがちなあけびの新芽と同様にラッキーなのです。